オーラルフレイルとはどのようなものなのか

オーラルフレイルってなに?体全体に影響するお口周りのトラブル

オーラルフレイルは何故起きるか

高齢化社会とは、少子化に伴い避けられない現象になります。 昔と比べて食生活も豊かになり、生活環境もかなり豊かなものになりました。 高齢であるから故の頑固さには手を焼きますが、古き良き時代を知っている方々の存在は今の社会に必要と言えます。 高齢であることで社会に貢献できることも、沢山あるのです。

オーラルフレイルの症状が進行するもう一つの理由

オーラルフレイルは、加齢と、加齢による口腔機能の低下が原因で起こります。 しかしオーラルフレイルが進行していくのは、加齢だけが原因ではないのです。加齢により出来ることに制限が加わること、そしてそのことを認めるのに精神的に不安定になりやすいことも、進行の原因となるのです。

インプラントで抜歯後も土台が作れる

新たに歯を作るには、元の歯がどれくらいあるかにより形状は変わってきます。 たとえほとんど歯が残ってない状態でも、支台となる歯さえ残っていれば、そこを土台として歯を作ることは可能です。 しかし抜歯してしまえば、その支台さえも無くなってしまう為、入れ歯を作るしか昔は選択肢がありませんでした。

おすすめリンク

満足度が高い!渋谷で全身脱毛できるサロン

口コミなどから満足度をチェック!渋谷で評判の良い全身脱毛ができるサロンを見つけました。

千葉市でインプラント専門医のいるクリニック

千葉市内でインプラント専門医に相談や治療をしてもうことのできるクリニックを探してまとめました。

スピード治療が自慢!池袋の矯正歯科

時間がない人は必見です!スピード治療が自慢の矯正歯科を池袋で探して簡単にまとめました。

高齢化社会において必要なこととは

オーラルフレイルを一言で言うと、「口腔機能の衰え」になります。
足腰の筋力が加齢と共に衰えていくように、口周りの筋肉も加齢と共に衰えていくのです。
生活の質や満足度のことをQOL(クオリティ オブ ライフ)と言いますが、このQOLを保てるかどうかも、オーラルフレイルは関係しています。
オーラルフレイルによる口腔機能の低下は、滑舌低下や食べこぼしなどの症状を引き起こしていきます。また、唾液の分泌量も減ってくる為、虫歯や歯周病になる確率も高くなり、抜歯も免れないような重症になってくるので、歯の残存率も低くなり、物を噛む力も弱くなっていきます。噛む力が弱くなる為、ますます口周りの筋肉は衰えていき、オーラルフレイルが進行していくというわけです。
オーラルフレイルに陥る男女比率は、男性の方が高いとされています。その原因の一つは、元々の筋肉量の多さと言われています。男性の方が、構造的に女性よりも筋肉量が多くなる為、それが低下した時の落差が激しいのです。
その他にも、喉仏の重さや口数の少なさが関係しています。男性の方が無駄なおしゃべりが少ない為、特に定年後、人と関わることが少なくなるとオーラルフレイルの症状が出てきやすくなります。
女性の方が長寿なのも、こうした人との関わり方が関係しているのかもしれませんね。一見無駄に思える誰かとの何気ない雑談も、生きていく為に必要不可欠なことと言えます。
人と関わることは煩わしさもあり、仕事が終わって一人でゆっくりとした日々を過ごしていきたいと思っても、人が一人で生きていくことは非常に困難なのです。
煩わしい、鬱陶しいと思っていても、ご近所付き合いは生きていく上で必要なことですし、助け合いの精神は今も昔も変わることなく人々の生活に根付いていくべきだと思います。