オーラルフレイルとはどのようなものなのか

>

オーラルフレイルは何故起きるか

オーラルフレイルにならない為に

オーラルフレイルにならないようにするということは中々難しいことだと思います。
というのも、オーラルフレイルは、加齢が主な原因とされているからです。歳を重ねることは止めることは出来ませんし、歳を重ねることは人生に重みが出てきて素晴らしいことです。
高齢になるにつれて、筋力が衰えていくのは仕方がないことですが、だからといってオーラルフレイルになることを、ただ受け入れるだけでは老化に歯止めがきかなくなります。
オーラルフレイルの進行を抑えるには口腔機能を改善するのが一番の方法です。それには、唾液分泌を促したり、食べる為に必要な筋肉を鍛えたりする“口腔体操”を取り入れていくことが重要なポイントになります。
自治体などで高齢者に向けた口腔機能向上講座などを開催することも増えているので、積極的に参加されることをお勧めします。

高齢の方から若い世代へ伝えること

少子高齢化といって、出生率が下がり子供が少なくなっていくのと比例して、高齢者が増えている現代社会ですが、問題点ばかりでもありません。
昔と比べてご近所付き合いも少なくなり、マンションなどは隣の部屋の人の顔すら分からないという方もいると思います。
しかし、完全にご近所付き合いが無くなっているわけではありません。主婦の井戸端会議もあるところはあります。
インターネットが普及して、お店に行かなくても大抵のものが手に入る時代です。関わろうとしなければ、人と関わらず生活することも可能です。
しかしそれでも、やはり人は人と関わる生活を完全には捨てきれません。人と関わることの大切さを知っているからと言えます。
そしてその大切さを教えてくれるのが、高齢者の方々なのだと思います。


この記事をシェアする