オーラルフレイルとはどのようなものなのか

>

インプラントで抜歯後も土台が作れる

インプラントとは何か

本来、抜歯してしまえばその場所に直接歯を作ることは出来ない為、まだある歯を使ってブリッジを作ったり部分入れ歯を作ったりする治療が主流でした。
ブリッジというのは、抜歯した歯の両隣の歯を支台にして、その名の通り橋のような作りの歯を作り、無くなってしまった歯の代わりをする様に処置をする治療です。
そして部分入れ歯は元ある歯に金具を引っ掛けて入れ歯をはめ込む治療になります。
どちらもどこかの歯に負担はかけますし、ブリッジは健康な歯も削らなければならない治療です。残存歯が少なければ少ないほど他の歯にかける負担も大きくなりますし、自分の歯で噛んでいる感覚も少なくなってしまいます。
それに比べてインプラントは、無くなった歯の部分に土台を立ててその上に歯を作ります。他の歯に負担をかけずに自分の歯で噛んでいる感覚も取り戻せる画期的な治療法なのです。

歯周病治療の大切さ

インプラント治療が今までにない画期的な治療法であることは有名な話ですが、インプラントを埋め込むには、顎の骨がある程度無ければ埋め込むことも出来ません。
歯周病の進行により顎の骨まで歯周病菌に侵されインプラントを埋め込むことが困難な場合は、インプラント手術をする前に骨再生治療が必要になります。
骨再生治療とは、歯周病で無くなってしまった歯根膜から再生させる治療ですが、難易度は高く時間もかかります。出来るなら、そこまで歯周病が進行する前に歯科定期検診を受けて歯周病が進行しないように歯のクリーニングで歯石を除去してもらうのが一番なのです。
オーラルフレイルの症状の原因は加齢によるものですが、歯周病の進行による残存歯の低下も、かなり関係があります。加齢は止めることは出来ませんが、歯周病は努力次第で進行を食い止めることが出来るので、定期検診を受けて歯の健康を保っていきましょう。




この記事をシェアする